hamburger overlay

360°Viewシートを使用したパターン分析

連続した3日間に毎食前後と就寝前の1日7回の血糖測定を実施し、食事量などとともに患者さん自身が血糖値のグラフを記入したものを、パターン分析します。


 

の順に、出現した時間、回数を見て原因を確認し、対策を検討します。